Links

無料ブログはココログ

« 怒涛の11月(その3:終わり)八ヶ岳星と自然のフェスタinこうみ2022 | トップページ | 2023年、天文ちょっと振り返る »

2023年1月17日 (火)

ZTF彗星(C/2022 E3)とか、一晩でいろいろ:ノイズとかボケとか激しいですけど。

2023年1月11日から12日未明にかけて、拙い技量と限りある機材ですが、ZTF彗星(C/2022 E3)やいろいろな天体を次々と撮影しました。

機材はいつものAZ-GTiなど。窓の外なのでガラスで電波が弱くなるし、寒ーい。ベランダでは体調が持ちません。

なので、ASIAIRに長いLANケーブル経由でルータを繋ぎ、ルータは室内に引っ張り込んでいます。タミヤの模型ギアボックスでのピント調整も室内から。これで温かい。プレートソルブで次々自動導入できるからこその撮影です。

久し振りに、ダーク、フラット、バイアスをリアルタイムで適用しながらASIAIRでライブスタックしました。

フィルタはZWOのUV/IR Cut フィルターです。ASI533MCPカメラのゲインは最高の360、温度は -20℃です。

鏡筒のFが11(実測。本記事末尾11.を参照)と暗く光量不足が激しいです。なのでノイズの砂嵐です。

気流の乱れ、架台・ガイドの揺れ、鏡筒姿勢変化に伴うピントずれもあり、星像もボケていますが、いろいろトライ出来て楽しかったです。

(他にもいくつかの対象を撮りましたが、更にひどい画像なので省略。)

 

1.オリオン座、燃える木星雲とまばゆいアルタニク

30s×30, BIN2 ライブスタック

 Stacked30_ic434_300s_bin2_20230111230410

 

2.明るい! オリオン座の大星雲(M42, M43)

30s×13, BIN2 ライブスタック

 Stacked13_m42_300s_bin2_20230111222736_c  

 

3.プレアデス星団の、アルキオーネ(左上)・メローペ(右下)付近

メローペ付近の反射星雲が写り始めました。

30s×30, BIN2 ライブスタック

Stacked30_m45_300s_bin2_20230111211213_c

 

4.バラ星雲の中心部。小生機材では淡いなー

120s×20, BIN2 ライブスタック

Stacked20_ngc2244satellitecluster_1200s_

 

5.M1かに星雲

これも淡いです。恒星がボケてますね。

120s×15, BIN2 ライブスタック

 Stacked15_m1_1200s_bin2_20230111215510_c

 

6.午前4時すぎ。屋根からZTF彗星が現れてきました。

ZTF彗星(C/2022 E3) と人工衛星のフラッシュ

30s×8, BIN2 ライブスタック

Satellite_stacked8_c2022-e3_300s_bin2_20

 

7.この1枚にはかろうじて右上に伸びるイオンテールを感じます。

30s×8, BIN2 ライブスタック

 Light_c2022-e3_300s_bin2_20230112044558_  

 

8.知恵が無いのですが、無謀にもイオンテールを炙り出すよう努力しました。

頭部がすごく大きいです。

30s×8, BIN2 ライブスタック 16セットを元に処理。

PIPPで核を固定した切り出しを16枚自動生成し、これをYIMGで一気に加算平均。その後、nikon CNX2でトーンカーブ等を処理。

便利なスタック関係アプリの存在を教えていただいたので、今年は勉強していきたいと思います。

16av_cnx  

 

9.動画にもしてみました。約1600倍速。約80分間分の移動です。Youtubeで画質が更に落ちてます。

 

 

10.当夜は月が明るかったです。

気流もゆらゆら。直焦点、これだけ gain100, 50ms, BIN1, 1枚撮りです。

Preview_moon_500ms_bin1_20230112022918_c

 

11.当夜の機材とASIAIR操作画面スクリーンコピーです。

CMOSカメラ(ASI533MCP)は、メーカーのページから得たC5等のシュミカセバックフォーカス設計?長さの5インチ(125mm)にしました。

結果的に、F10より伸びてF11くらい(ASIAIRのプレートソルブ画面では、1368mm, 画角0.47°×0.47°と表示されました。)になり、ちょっとFL伸びますね。

多少伸び縮みさせても、小生写真画質程度では差が分かりません。

Img_8602

Fmpc50laaaaaiun

 

(了)

« 怒涛の11月(その3:終わり)八ヶ岳星と自然のフェスタinこうみ2022 | トップページ | 2023年、天文ちょっと振り返る »

コメント

この様な書込大変失礼ながら、日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事願います

今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作し妨害、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

世論誘導が生んだ民主党政権、中韓の為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退の一方、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など韓国への利益誘導の為に働きました。

メディアに踊らされあの反日政権を生み、当時の売国法や"身を切る改革"に未だ後遺症を残している事、今も隣国上げや文化破壊等、

日本弱体と侵略に励む勢力に二度と国を売らぬ様、各党の方向性を見極め、改憲始め国の成長と強化が重要で、しかし必要なのは、
日本人として誇りを取り戻し、世界一長く続く自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒涛の11月(その3:終わり)八ヶ岳星と自然のフェスタinこうみ2022 | トップページ | 2023年、天文ちょっと振り返る »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31