Links

無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月26日 (木)

アトラス彗星(2020M3 )にトライ:TAKAHASHI FC65: AZ-GTi赤道儀モード

0.彗星悶々

夏のネオワイズ彗星は天候に恵まれず、悶々でした。

なので、小さくて暗いけれどもアトラス彗星を茨城県つくば市郊外で激写しました。

前回ブログのおまけで1枚だけ載せましたが、他のも、パラパラ動画含めて載せます。

 

機材:

FC65(500mm F8)(中古)+FC/FSマルチフラットナー1.04×

ASIAIRpro+ASI533MCpro(ZWO IR cutフィルター使用)(gain100,冷却0℃,darkあり。)

AZ-GTi赤道儀モード、ASIAIRproとFL50㎜ガイド鏡でオートガイド

使用ソフトは、ASIFITS View, YIMG, nikon CAPTURE NX2です。

彗星導入は、ASIAIRの画面にSkysafariで得たその時刻の座標を手入力してプレートソルビング導入しました。

しかし、もっと良い方法があるのにぽんにゃんさんのtwitter見てて気づきました。ASIAIRのコメットカタログから、自動導入できるんですね。

ありがとうございました。すばらしいなー。小生は自覚ありますがおまぬけですー。

 

1.彗星核基準コンポジットの中央部:

トリミングすると意外と迫力

(2020.11.18 22:06から3分露光を8枚)

機材の割にけっこう鋭像撮れたと思います。

少し核が上下に動いて伸びてます。露光は3分でも長いようです。

彗星の移動が速く、個々の星が分離しちゃってます。

 

0_7_motion_cnx_2k_ruler

 

 

2.上の1.写真の全体像

短いけれども、尾らしきものが右にあるのを感じます。

小生の場合、手作業なので面倒でした。

0_7_motion_cnx

 

 

3.中央部パラパラ動画作ってみました。:3分間隔約90分間分(写真をクリックしてもYoutube開きます

美しくできません。

twitterの方が綺麗にgifアニメでアップロードできました。そっちの方が綺麗です。

https://twitter.com/m87_jetの今は上の方にあります

 

処理の流れは、当夜撮影の32コマすべてについて、

fits→ jpg →cnx2でバッチ処理(画像各種調整、トリミング) →gifアニメ → AVI→ youtube

宇宙空間の高速な旅人を感じました。中央部1/3くらいをトリミング(933×700ピクセル)

アップロードむずかしいです。ノウハウが足りません。

youtubeは、GIFアニメは対応していないようで、AVIに変換してアップロードしましたが、オリジナルAVI動画よりも低画質に変換されて配信になってしまいました。

回避方法如何。

AZ-GTi赤道儀モードのオートガイドが東へ少しずつ流れるのも分かります。

オリジナルの動画では、宇宙線のヒットと思われるノイズもたまに見られます。

10_

 

4.3分露光の1枚画です

周辺減光未調整の画です。

0_idou

 

5.高速位置移動

前回おまけ掲載のと同じ画像です。エメラルドのネックレスの一部みたい。

高速に見かけ位置が下から上へ移動中(天の北極方向へ)。

3分露光連続した中から、18分おきに1枚、加算平均しました。

1306_1437_6_3m_a_20201126020501

 

6.雑感

ASI533は高感度です。広帯域で近赤外域にも各色の感度があるので、小生の旧いカメラレンズではノーフィルターだと恒星周囲が広く灰色になり、IR cutフィルタ不可欠な状況でした。

なので、FC65の場合も多分効果あると予想してフィルタ付けてますが、実はまだFC65でのフィルタ有無の比較検証はしていません。そのうちやってみたいと思います。

 

(了)

 

2020年11月20日 (金)

M87JET氏、久しぶりにお出かけする(妙義山、八ヶ岳)

(文中、意見にわたる部分は、M87JETの個人的な見解です。)

 

0.久しぶりの遠征

八ヶ岳方面で、昔からの友人少数名との会合がありました。

新月期で好天、群馬県の妙義山経由で行くことにしました。

2020年11月13日、到着時にはすっかり暗くなり、調べておいたこのへんかなあという駐車場に入って撮影です。

天の川が良く見え、久方振りの大変良い空でした。

何人かの方々が既に忙しく撮影準備中でした。

初めての場所で勝手がわからず、親切な先に到着の方にお手洗いの場所などを教えていただきました。ありがとうございました。

 

機材:小生初めての組み合わせでした。テストです。

FC65(中古)+FC/FSマルチフラットナー1.04×

ASIAIRpro+ASI533MCpro(冷却0℃)(プレートソルビング連動自動導入で快適です。)

AZ-GTi赤道儀モード、ASIAIRproとFL50㎜ガイド鏡でオートガイド

結果は、以下。

使用ソフトは、いずれもYIMGとnikon CAPTURE NX2です。

 

1.あんどろめだ大星雲っ!

クラシカルにこう呼びたいのです。

はみ出る迫力。クリックして拡大してみてください。冷却ASI533すごいっ!

30秒露光を30分間から60分間ほどいい加減にLiveスタックしたものをいくつか加算平均。(総露光120分間)

ダーク有り

M31_re120min

 

2.M33

宝石箱のように美しい。

60秒露光を10枚Liveスタックしたものを3セット加算平均。(総露光30分間)

ダーク有り

M33_30m

 

3.馬頭星雲・燃える樹

古い光学系の非対称な反射が目立ちますが、これはこれで味があります。40年くらい前製造の鏡筒です。

自分としては、馬の首がこんなに良く写ったのは初めてです。

180秒露光を10回Liveスタックしたものを4セット加算平均。(総露光120分間)

ダーク有り

Batou_120m_b

 

4.M42付近

180秒露光を5回スLiveスタックしたものを4セット加算平均。(総露光20分間)

ダーク有り

M42_20m_d

 

5.朝日の妙義山

険しい岩山。

カルデラの中央火口丘の名残らしいです。

Img_2130

 

6.八ヶ岳、小海町にて

妙義山から会合場所に行く道中、テレスコ工作工房さんに伺いました。これも初めてです。

お店、楽しかったです。新作の微動雲台は頑丈かつ回転もねっとり滑らかでした。

小生はペットボトルホルダーを購入しました。

その日の夜、小海リエックスホテルを過ぎてしばらく登ったところのレストハウスで、観望会らしきものがあるとの御誘いを受けました。

店主さんも、軽トラに40cmドブソニアンを載せて準備していらっしゃいました。

Img_2172

 

7.レストハウス「ふるさと」駐車場にて

友人に強引に提案し、夕食後お酒に移る前に、軽自動車2台の車列で爺さんたちは八ヶ岳をブイブイ登りました。

途中、堂々とした角の大型の鹿が道路を横切ります。

満天の素晴らしい星です。

レストハウス駐車場では、天文マニアのグループの方が食事中でした。何台かの機材が展開されていました。

テレスコハウスの店主様も、ドブとRASA(11インチの方かな?暗くてよく確認しませんでした)を準備中です。

小生を含むすこぶる怪しい爺さんたちであるにもかかわらず、グループの方々は親切に笠井の白く美しいドブソニアンなどで火星、土星、プレアデス星団などを見せてくださいました。

また、電視観望も経験させていただきました。我が友人たちは、初めての経験です。

ASI385CMOSカメラと小口径自作屈折(双眼鏡対物レンズご使用?)でリアルタイム動画に近い感じで見えます。

アンドロメダ大星雲とM27(亜鈴状星雲)を見せて戴きました。M27は、色も感じられ、青っぽい鼓の外縁の赤っぽいのも見えました。

僅か2~4秒のリフレッシュレートでも実用になり、驚くべき感度です。ガイド全く無しですが、星が日周運動で線分状になってカクカクと移動していくのが観察できました。

極めつけは、40cmドブで見たM27、土星、プレアデス星団でした。光軸も合っており、光量豊富なスッキリ星像でした。M27をあれだけはっきり眼視したのは、初めてでした。脳内処理で青色まで感じるほどの勢いでした。

天文マニアのグループの方々、テレスコ工作工房店主様、ありがとうございました。

早々に宿泊先に戻り、宴会に移りました。満天の星空や望遠鏡経験に、爺さんたちもそれぞれが感慨を持ったようでした。

 

8.みずがき湖へ向かう途中で・・・

翌日、ストーブ用の薪作りを手伝った後、みずがき湖に向かいました。これまた小生未踏の地です。

道中、カーナビさまのアドバイスで、山道に向かいます。トラクターがそこかしこで農地の土造りを行っています。肥料の香り。

そのとき気づきました。道路標識の矢印に、「川上村」とあるのです。南佐久郡。

そして、山中の丁字路にあったのです。「ISS、44次ミッション、ありがとう、油井亀美也飛行士」という感じの看板が。

そうか、ここだったのだ。氏の出身地。レタス等の産地。

 

最近何冊か宇宙飛行士選抜関係の書籍を図書館で借りて読んだ。その一冊がこれ。自分的にはとても印象的な書物です。

(実務教育出版、¥1600+税)

Img_2128 

 

油井画伯の作品は、以前JAXAつくばの公開日の展示で拝見し、小生はほっこりしたものでした。

このとき、画伯はロシアで訓練中だったと思います。

Dsc00941

 

油井氏は、天文学者か物理学者になりたかったようです。

しかしながら、ちから試しの防衛大受験に合格した日に、諸事情で、他大学でなく、そこにしてくれと言われたときには泣いたらしい。

その後、人生のいくつかの分岐点における選択において、いろいろな人に会い、いつもとてつもなく頑張り、映画のライトスタッフ(音速の壁を突破したパイロットのチャックイエーガーや軍の宇宙パイロット選抜の映画。ライトスタッフ:良い資質)の影響もあったようですが、宇宙に繋がったようです。ISSでは、他の誰よりも美しい星と地球の写真を撮っていると思います。

物理や数学のセンスは、テストパイロットとして、機体の機動飛行特性把握において、運動方程式・流体力学的な理解が有効だったろうと思います。

他方、航空幕僚監部で極めてタフな対米・対内部交渉もこなしたと想像します。

油井氏ご本人も類まれなライトスタッフの持ち主だと思いますが、本人を見つめつつ背中を押したり、結果発表の当日には収入減と3人の子の教育費用を考え、仕事の面接を受けに行っていたという奥様も、相当なライトスタッフの持ち主でいらっしゃるのだろうと推測します。

(なお、NASAのyoutubeチャンネルで見た現在のISS内部の様子では、備品のデジイチと各種交換レンズは、nikon系に見えました。あれで撮影したのでしょうか。また、幼少の氏は、写真ではメーカー不明(昔のケンコー製か?)ですが、反赤をご使用だったようです。信毎おでかけガイド

 

他のJAXA関係者やNHK取材者の著作物によると、米国NASAでの米国現役宇宙飛行士等による当時のjaxa最終10人の候補者への面接では、「あなたはなぜ宇宙飛行士を目指したか」ではなく、「何によって今ここにあなたは居るのか」というようなことをまず問われ、ここに至る生きざまを問われたらしい。(図書館で借りた本やネットで読んだ記憶なので、ちょとあやしい)

小生の5inchシュミカセの蓋には、数年前に秋葉原で入手した、氏のバッジ?みたいなものを張り付けてあります。

Img_2174

 

9.みずがき湖

トイレも駐車場もあり、天体撮影に良いところと思いました。

館内にはタカハシの古い赤道儀など数台が展示してありました。

きのこ蕎麦のシイタケが美味しかったです。りんごをお土産に買いました。

夜には雲が出そうだったので、帰宅しました。中央高速が混み過ぎ。

Img_2160

 

10.おまけ:遠征時の機材など

(機材写真と彗星は、茨城県つくば市郊外で11月18日撮影のものです。)

某L氏や〇ベット氏、〇〇ーチさんはじめ、天文界のご薫陶を受け、ナイトウォッチも取り寄せました。良いです。

Img_2167

 

 

2020M3(ATLAS)彗星、高速移動びゅーん

2020.11.18 22:06から約90分間の移動:露光180秒:撮影した個々のコマのなかから約18分間隔の6枚加算平均

移動方向:画面下から上へ

ASI533のイメージセンサーサイズ11×11ミリ(画角は73’×73’くらい)

90分間で5分角くらい動いている感じ。オリオン座付近にいました。

ASIAIRproのプレートソルビング連動自動導入機能にSkysafariで得た赤経赤緯座標を入力してGo!。

見事に導入できました。

1306_1437_6_3m_a

おそまつさまでした。

(了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30