Links

無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月23日 (木)

アナログ・ハックに弱い私

1.「私、〇イシア。人類未到産物(RED BOX)、超AIよ。」

 

 Img_3963

(BEATLESS:原作 長谷敏司 さん)

 

「そういえば、人類未到産物(RED BOX)ってことば、〇見屋さん等の広告の〇〇〇AIR Proと似てるけど、中身はともかく、私の方が直方体でもないし弾力性あるから、アナログ・ハックに有利だわ、オーナー。

私のライバルっていえば、最近天リフで見かける、け〇け〇さんっていう不思議な方の、かわいいめがねちゃんの超人気アバター、昭和風味の甘夏竹輪萌ちゃんくらいね。

おっと、恋アスってのも注目よね。私に心はないけれど、あおちゃんかわいいわ。」

 

 

Img_3964

(恋する小惑星(アステロイド):原作 Quro さん)

 

♡まじめなBEATLESSファンの方々、恋アスファンの方々、原作者はじめ関係者の方々、怒らないでね。M87JETも大ファンですから。け〇け〇さんも、堪忍してね。いつもブログ楽しく拝見してます。鏡筒光軸、はやく良くなるといいですね。)

 

2.飛蚊症

小生は飛蚊症が進行しており、高倍率での月面や惑星観望はほとんど耐えられない状況です。

更に、強い近視です。

若いうちに月面などを十分堪能しておけばよかったのですが、そうもいかない人生でした。

世にすばらしいアイピースはありますが、アイピースから射出される光束が小さいと、耐えがたいモジャモジャが網膜上で邪魔するのです。

これをいくらかなりとも軽減するには、射出瞳径が大きいと効果が期待できる場合があります。

 

いろいろ試しても、月面は如何ともしがたいです。

低倍率にして射出瞳口を大きくするとまぶしすぎるし、ムーングラスを入れると、小生の安価な機器では、鮮鋭度がスポイルされます。

かといって高倍率にすると、モジャモジャがひどくなります。惑星面も低倍率では小さく、高倍率では点々モジャモジャです。

 

3.たったひとつの冴えたやりかた

小生はまだ良い方と思います。しかし、いろんな視力の人でもエンジョイできるような、

軽量高精細画像ゴーグルで超拡大月面をグリグリするシステム欲しい!

 

昨年の小海町スタフェスの懇親会に展示されていたRICOHのTHETAに感激しました。

ゴーグル越しだったら、両目で、飛蚊症のもじゃもじゃがほぼ無しで、見たい方向がグリグリ見えるじゃん!

メガネの上になんとか装着できました。眼幅調整は少し難しかったです。

月面や星野等々の高精細広視界デジタルデータがあれば、眼視能力が一般的な人々とは異なっていても、エンジョイできる光明を感じました。

一般的な視力の人であっても、拡張した視力は、月面や星の海の中をグリグリ行けて、新たな感動を呼ぶかもしれないと思います。

是非ともメーカーさん達にはいろんな視力の天文マニアが自分で撮影したデータをゴーグルで快適にグリグリできるシステムを出してほしいです。

 

4.ええっと、今回、何が言いたかったかというと、

1.例えば、THETAの展示のゴーグルをベースにした、飛蚊症等でも星が快適に楽しめる視力補完システムが欲しい。

(「冴えたやりかた」は、もちろんひとつではありませんね。アニメのエウレカセブンと実は女性だったSF作家ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアへのリスペクトです。(*´ー`*) )

2.BEATLESS(びいとれす:鼓動が無い)における「人間とは、”人体と環境と道具の総体だ”」という認識にインパクトがあり、小生がメガネなしでは生きられないように、古来からそうだったのだけれども、やがて道具はもっと「人間」の一部になるのだろうな、そして、シンギュラリティはほんとに来るかもしれないな、と妄想してます。

という2つの点です。

 

(了)

星座ビノ:人と道具の行く末

Img_3966

小生は、強度の近視です。幸い、まだ見えます。

眼鏡使用です。

コンタクトレンズは、30年以上前、ちょっと使いましたが、合わず、使用しておりません。

自分の近視には、遺伝的要素もしっかりあると思いますし、生活様式による後天的要素もあるでしょう。(スマホも持ってないし、ゲームは、ほとんどやったこともないのですが。)

大草原の狩猟民族だったら、自分のような遺伝子は間違いなく生存競争で消えていたでしょう。農耕民族で良かった。

 

双眼鏡は、裸眼では、ごく一部の機種しかピントが合いません。

射出瞳径が大きめで、かつ、超広視野な素敵な双眼鏡も発売されていますが、ショウルームで試しても、小生の裸眼ではピントが合わず、眼鏡では機材の超広視野が生かせません。

 

そんななか、近頃はやりの星座ビノを試しました。このタイプの光学系の特徴である瞳径100%活用、を経験したかったからです。

しかし、裸眼では、全然ピント合いません。眼鏡越しでは中心のせまいところしか見えません。

ガサゴソと屋根裏部屋を捜索し、昔工作で使った小さなカメラ用視度調節レンズを見つけ出し、黒い両面テープで張り付けました。

Img_3968

これで、右目はぎりぎりピント合いますが、左目はまだ少し足りません。

でも、瞳径を100%使った星空は、老いた目には新鮮でした。

オリオン座の全景が見えました。網膜に落ちる個々の恒星の光量は、倍率2倍の2乗で、4倍です。Lambdaさんのとても勉強になるtwitterでは、小生の年齢では瞳径が5~6ミリくらいらしいです。それでも、かなり見えました。

自分は、メガネと不可分な存在です。

 

(次回「アナログ・ハックに弱い私」へ続く)

 

(了)

 

 

今日も全力GTi:プチ工作(ウェイト軸、電源をカウンターウェイトに、水準器)

(改造は自己責任ですよ~)

 

1.軸&プラットホーム

ホームセンターで安価に販売されている直径12㎜のネジと、余っていたL字型アルカスイス金具で、多用途な軸兼プラットホームを作りました。

ホームセンターで長いネジを切断してもらいましたが、端部のネジ山はつぶれますので、ヤスリで成形するのがちょっと手間でした。

半年使用してますが、軸が細すぎて剛性不足なこと、水平回転モーメントが増加して振動がブルルンとなる欠点がありますが、それを除き、小生の場合、大きな不具合はありません。

Img_3807_20200122203701

 

2.ポイントはここ。

アルミパイプをワッシャーとスプリングワッシャーできつく締めています。(ネジ締めには、レンチが2つ必要です。きつく正確に締めるには、水準器と修練が必要でしたが、慣れました。)

これにより、軸が緩んで突然回ることを防止でき、テールヘビーなシュミカセであっても、ウェイトのバランスを取れます。

 

Img_3806_20200122203701

 

3.外すとこんなサイズ感です。30センチの物差しです。

Img_3810_20200122203701

 

4.てきとーなアルミパイプを好みの長さに切って、通しました。

Img_3811_20200122203701

Img_3813_20200122203701

 

5.L字金具は、いろいろな物を載せるプラットホームになります。この例では、ヒーター電源、電子ファインダー(無限遠の出ないジャンクレンズを付けたポールマスター)を載せ、テールヘビーなシュミカセの前後左右のカウンターウェイトの役目も持たせています。

Img_3994

 

6.電源をカウンターウェイトにする

家でいろいろな器具に利用しているMakitaの18ボルトのバッテリーをカウンターウェイト兼用で載せました。写真は純正品の3アンペアアワーのものです。知的所有権上怪しい外国製バッテリーも販売されていますが、器具や純正充電器等にはまらないこともあるようです。外国コンパチ品は良くないものがある感じです。安全性も不明ですし、自己責任の世界です。

純正のアダプターで、作業服の暖房用等のために5VのUSB電源2口が取れるものがあります。鏡筒ヒーター電源に利用しています。小生は12ボルトへの昇圧USBケーブルは持っていませんが、それを用いてAZ-GTiを駆動することが可能とのブログを拝見したこともあります。

Img_3980

 

7.意匠権が怪しげな外国製で、12ボルト端子1個とと5ボルトUSB端子2個のあるアダプターもネット上にあります。ケーブルを自作してつなぐと、一応架台は動作はしましたが、AZ-GTi自体が壊れないかとか、WIFIへの影響とか、信頼性不明です。Makitaから、純正品で12ボルトも出るアダプターが発売されると良いのですが。

Img_3986

 

8.シュミカセに重量のある接眼部を付けると、テールヘビーになってドブテールバーではバランスが取りきれなくなります。

そのために、フロントヘビーな電子ファインダーを付けています。

この場合、回転トルクがかかるので、シャフトが使用中に僅かにねじれてしまうのが問題ですが、僅か直径12ミリの軟鉄ネジのシャフトですから、仕方ありません。コンクリート補強や、焼き入れ加工がアイデアとしては妄想されます。

Img_3987

 

9.電子ファインダー(元はポールマスター)の雲台は、懐かしきATMのシールつき。小海町星フェスで購入しました。

Img_3989

 

 

10.アルカスイス規格のL字金具は、邪魔なでっぱりをヤスリで削り落とし、利用の自由度を高めました。

白色の線に見えるところが削った跡です。

Img_3979

 

11.水準器

慎重に水平に削った筐体に接着してあります。AZ-GTiを経緯台モードで使う上で、水平を取るのがとても楽になりました。ホームセンターで購入したものです。

Img_3971

 

以上、AZ-GTiの小生のプチ工作でした。

 

(了)

今日も全力GTi:(続)宇宙の目ん玉、大当たり:セレストロンC5直焦点

1.大当たり

深夜、東京湾方向へ向かう旅客機の右翼の赤色灯?が木星状星雲を横切りました。

これが宝くじだったら機材沼に投下し、業界に貢献していたに違いありません。

Dsc_2185_trm_135by135

2020年1月16日

SELESTRON C5  fl:1250㎜ F10 直焦点

nikon D7100無改造 中央部135×135ピクセルをトリミング

ISO:640  露出60秒 

AZ-GTi赤道儀モード 金属シムリング強化バージョン

PHD2オートガイド

 

同じコマの全景トリミング無し(APSC 6000×4000ピクセル)です。

白色灯のフラッシュも2か所あります。

Dsc_2185_cross_s

 

 

2.C5とFC65を比較(写真技量の進化遅く、すみません。)

(1枚撮って出しJPGと16枚合成をそれぞれ比較)

nikon D7100無改造

セレストロンC5は2020年1月15日、ISO640で撮影 

タカハシFC65(マルチフラットナー1.04使用)は2020年1月12日、ISO400で撮影

他は1.と同じ条件です。

画像の大きさ比は、焦点距離に比例させてます。

撮って出し画面では、3.75ミクロンピッチのピクセルが見えると思います。

16コマ合成画像は、双方とも、オーバーサンプリング後加算平均、更に弱くウェーブレット処理等をしています。

 

大気の揺らぎ、光学系の差、ガイドの振動、口径差、画像処理差などはあるでしょうが、

FC65が優れた解像力を示していると感じました。

Hikaku5

 

 

3.スケッチとカメラ内現像JPGとの比較

スケッチは、ダイアゴナルミラーを使用していますので、左右逆になっています。

セレストロンC5、AZ-GTi経緯台モード

小海町星フェスで購入したビクセンのアイピースLV10使用

Img_4022

 

比較:セレストロンC5、AZ-GTi赤道儀モード写真

2.の元画像のひとつの中心部2000×2000ピクセルをトリミング

Trmdsc_2124_2kby2k

 

次回は、AZ-GTiのウェイト軸などのプチ工作です。

(了)

 

 

 

2020年1月16日 (木)

今日も全力GTi:高橋製作所FC65 with FC/FS Multi Flattner×1.04

 

1.宇宙の目ん玉

NGC3242 木星状星雲 うみへび座

視直径40”×35”、明るい空に負けない輝度。

小口径ながら、解像に驚き。さすが、懐かしの高橋FC65。

Ngc3242hikaku

2020年1月11日午前零時ころ撮影(部分月食の月夜):自宅ベランダにて

 

右側写真:

鏡筒:高橋製作所FC65(65mm∮ F8)(シリアル番号から、1983年製と思われる)。

取って出し中央部をトリミング

フィルター不使用

ISO400  露出60秒、nikonD7100無改造

架台:AZ-GTi赤道儀モード(金属シムリング改造)

PHD2オートガイド

マルチフラットナー1.04使用

ピント合わせ:シュミットさんで昨年末購入したバーティノフマスク

 

左側写真:

右側と同条件60枚中から、良像16枚RAWデータを選択し怪しく加工

(約3倍にオーバーサンプリング後16bitTifへ→16枚分のデータを加算平均→軽くウェーブレット処理→さらに1.5倍くらいにオーバーサンプリング)

(使用ソフト:YIMG,Capture_NX2等)

 

 

元画像の1枚はこれ

(6000×4000を2400×1600にリサイズしてあります。画角は変えてません。)

中央にある青い点です。ものすごーく小っさいです。

Dsc_1838_s

 

今回は、AZ-GTiにFC65を載せました。周辺部の星像を、FCにも使えるマルチフラットナー1.04で改善してます。

架台には、三基光学さんの美しいアリガタで接続してバランスとってます。

なお、この鏡筒は、埼玉県の某used telescope店で、引き取っていただいた高橋65mm屈折赤道儀D型に入れ替わりで入手したものです。

「いつかはタカハシ」、大事に使いたいと思います。

 

Img_3956

 

Img_3940

 

 

2.AZ-GTi赤道儀モードのピリオディック・モーション

Gtiperiodic61min_trapesium_s

同夜のオリオン座M42付近です。

ウォームギア削りすぎちゃったバージョンのAZ-GTi、赤道儀モード、ノーガイド、

(露出30秒+インターバル3秒)×112枚(開始から終了まで約60分)

中央部の黒い正方形部分は、同一機材で撮影のトラペジウムを角度比較のために切り貼りしたもの。

ピリオディックモーションは、プラスマイナス30秒くらいでしょうか。

自分的には、自己研磨やりすぎでカタカタの隙間が空きましたが、振動波形は少し改善している印象です。

 

 

3.すばらしい。

タカハシ FC/FSマルチフラットナー1.04×

ピリオディックモーション検証の写真(30秒露光)は、星像の流れがほとんど無視できる水準だったので、連続16コマを加算平均、

少しだけ色調等調整すると、こんな雰囲気です。(何分、加工ノウハウが無いうえに、空が明るいです。)

マルチフラットナーの効果で、周辺も点像です。

M42_30sec_16exp_fc65_mf

 

フラットナーの効果比較

上が無し、下が使用したもの。切り出し位置は、上のオリオン座M42写真の左下隅付近。

Flattner

輝星の周りは最新機種に及ばないかもしれませんが、古い機材でも、とても効果がありました。

旧い鏡筒にも使えるフィールドフラットナーを企画したタカハシは良心的企業だと思います。

 

 

Jupneb_16_yimg_cnx2_r

 

(了)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30