無料ブログはココログ

Links

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月20日 (金)

メリークリスマス、そして良いお年を

1年間ありがとうございました。

2019年は、AZ-GTi購入から始まり、星祭り、改造工作、ブログ挑戦等、自分なりに全力でした。

今年リアルに、あるいはブログで出会った多くの皆様、天リフ様、ブログご覧の皆さま、望遠鏡ショップ様、ありがとうございました。ご迷惑をおかけしたこともあったと思いますが、どうかご容赦ください。

Img_3900

 

今年撮った一番好きな作品

夏の青いシャボン玉、M27です。これだけ多くの星々の中、外の宇宙人がきっと存在すると思います。

M27h_8_nxd_ss

20190805 野辺山にて。

初めて星祭りというものに参加した直後です。(原村星祭り)

AZ-GTi赤道儀モード、中古で入手したAi nikkor ED180mm f2.8をf4に絞る。

nikonD7100無改造、iso800 30秒*8枚

PHD2オートガイド

 

 

************

 

天文性向自己チェックシート(仮称:変態君)

で、今年は、自分の変態性に気づいた1年でもありました。

みなさんはいかがですか?

 

各質問につき、自分にあてはまる場合は〇、あてはまらない場合は×、なんとも言えない場合は△を選択してください。

 

質問1

ゴミ箱を見ると、いつも、シュミカセのフードに見える。(〇 × △)

質問2

ブルーインパルスの航跡を3秒間見つめてから答えてください。

Bluesl9

シューメーカーレビー第9彗星が木星の潮汐力で破壊された姿に見える。(〇 × △)

質問3

ジェット偵察機を3秒間見つめてから答えてください。(排気の輝きは、お絵かきで付けたものです。)

Dsc01130_aftbtrm

アフターバーナーのピンクの光輝に、Hα光やOiii光を感じてしまう。(〇 × △)

(2019年12月1日の百里基地祭では、見とれてしまって、アフターバーナー吹かしてる写真がありません。お絵かきです。ほんとにこんな近くに居たら、耳が壊れます。しかし、防振双眼鏡で観客席から見ていると、離陸急上昇時にはこれを控えめにした感じで見えます。高速流が定在波を生じつつ光ります。RF4は今年度で全機退役予定、根性入った素晴らしい飛行でした。)

 

質問4

ジェット戦闘機のHUD(ヘッドアップディスプレイ。緑に見える円板。)を3秒間見つめてから答えてください。

Dsc01130trm

ナローバンドフィルターに使えないかなあと思う。(〇 × △)

 

質問5

ロケット弾ランチャーを3秒間見つめてから答えてください。

Dsc01155s

AZ-GTiのちょっと大きなご親戚だと思う。(〇 × △)

 

質問6

公園で柴犬とすれ違うと、つい、「こたろうさん」と話しかけてしまう。(〇 × △)

 

質問7

「アプラナート光学系」という言葉に触れると、威厳にうたれ、思わず四国に向かって地面にひれ伏してしまう。(〇 × △)

 

質問8

地震を感じると、「Sam様、この建物のQ値は・・」と独り言してしまう。(〇 × △)

 

質問9

軽装甲車の写真を3秒間見つめてから答えてください。

Dsc01165s

遠征の昼仮眠に、あの窓カバーが欲しいなあ、と思う。(〇 × △)

 

質問10

ロール状のバウムクーヘン(お菓子)を見ると、望遠鏡のウォームギアに見える。(〇 × △)

 

 

 

 

 

採点方法

〇は1点、△は0点、×はマイナス1点として全問加算する。

 

判定:

 マイナス10~0点:普通人

 1点~+8点:オタク級

 +9点~10点:変態級。救いようがありません。

 

********************

 

世の中、いろいろ。望遠鏡業界も、機器が進化したり、代理店が変わったり、時代の変化を感じます。

カスタマーも、販社も、製造者も、皆、末広がりで幸せになりますように。

子供たちや若い人が自然に対して素朴な好奇心と慈愛を持ちますように。

理不尽ないじめが無くなりますように。

みんな健康でありますように。

 

小生は、来年は、何に挑戦しよう?


では、皆さま、よいお年を。

Img_3688-_051

(了)

 

**************

20191221付

チェックシート「仮称:変態君」 追加

 

質問11

「全問加算」という単語が画像処理用語に見えた。(〇 × △)

質問12

判定方法に、ノンリニアやノイズリダクションの概念を導入できないかと思う。(〇 × △)

質問13

トラックに積まれた土管がドブソニアンに見える。(〇 × △)

質問14

PAC3ミサイルシステムのフェーズド・アレイ・レーダーを見ると、イベントホライズンテレスコープに思いを致してしまう。(〇 × △)

質問15

金色っぽい鏡筒を見ると、名古屋城のエビ天(エビカツ?)たる金シャチを想起する。(〇 × △)

質問16

大阪のあべのハルカスのガラス外壁を見ると、人工衛星の太陽電池アレーに見える。(〇 × △)

質問17

名古屋の横井のあんかけスパゲッティのミラカンを見ると、すごくメラメラに強調したM42中心部を想起する。(〇 × △)

質問18

打ち上げ花火を見ると、超新星だ、と声を上げてしまう。(〇 × △)

質問19

SWATの「超・剛性」マルチ赤緯ブラケット広告を見ると、「Lambdaさんっシムリングをありがとう」とつぶやいてしまう。(〇 × △)

質問20

防災GOODS売り場で非常用保温アルミ蒸着シートを購入し、家で羽織り、温度勾配と熱流の減少を体感しようとする。(〇 × △)

(以上)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月 6日 (金)

今日も全力GTi:静かなる修行

めたりっ子ちゃん、大丈夫かい?

前回の心痛むギア研磨やりすぎのあと、とても心配だった。

まず、自宅ベランダにて試写。

今回も稚拙な写真ですみません。

 

直焦点M42:自宅にて

ああよかった。

ガタはあるものの撮影できたので胸をなでおろす。

Dsc_0114_yimg_cnx2ss

20191130 0:33 

AZ-GTi赤道儀モード(めたりっ子ちゃんウォーム研磨バージョン)

セレストロンC5直焦点(焦点距離1250mmF10)

D7100無改造(APSC6000×4000ピクセル)300秒露出1枚撮り、iso200、

フラット、ダークなし。  PHD2オートガイド。

露出300秒の成功率は、5回トライして1回。300秒はこれまでの最長成功記録。

なお、露出180秒なら、成功率は7割程度だった。

YIMG, nikon CAPTURE NX-D,CAPTURE-NX2等で処理

 

 

筑波山にて:20191203

Img_3863

 

アンドロメダ座M31中心部

201191203、筑波山でいろいろ撮影。空は明るく、天の川すら見えません。

薄雲の合間に間欠的に露出。空が悪く、発色が自分の感性に合うように調整できなかったので、モノクロ化。

中心部にものすごく集光してるんですねえ。

M31_8_yimg_adj_cnx2s

20191203 19時~21時ころ 

AZ-GTi赤道儀モード(めたりっ子ちゃんウォーム研磨バージョン)

セレストロンC5直焦点(焦点距離1250mmF10)

ニコンD7100(APSCサイズ)無改造

180秒×8枚、iso1600、 フラット、ダークなし。 

PHD2オートガイド。極軸合わせSharpCap.

YIMG, nikon CAPTURE NX-D,CAPTURE-NX2等で処理

 

 

M31撮影時のPHD2画面

標的眼にM31が見える。

こたろうさんからのアドバイスも念頭に、いろいろパラメータを試す。

このときは、露出2秒。ウェイトは両軸ともバランス崩し。この晩は、子午線越えでいくつかの対称を撮影継続。

赤緯軸のネジは、事前にし少しだけ緩く調節してある。

RMS1.31秒は、これまででベストと思う。しかしながら、良い状態は6~8分くらいしか持続しない。そのうち修正パルスが溜り、ズズッと赤緯軸が大きく動く状況は、無改造時と変わらない。

極軸を極力正しく合わせると、より長時間良い状態が持続することを実感する。

Img_3861

 

 

 

オリオン座で試す

燃える樹をガイド撮影する

だんだんピントがずれてきてるのに、気づきましぇーーん。

光量は足りないし、星像は膨らんでますが、初めての燃える樹大写しです。天文再開し、今は写るだけで楽しいです。

Honounoki19_yimg_cnx2_nxds

20191203 22:30~23:40 ころ 

AZ-GTi赤道儀モード(めたりっ子ちゃんウォーム研磨バージョン)

セレストロンC5直焦点(焦点距離1250mmF10)、D7100無改造

180秒×19枚(露出57分)、iso3200、 フラット、ダークなし。  PHD2オートガイド

YIMG, nikon CAPTURE NX-D,CAPTURE-NX2等で処理

 

ピリオディックモーションを試す

20191203 23:50ころから約30分間

オリオン座の燃える樹付近でピリオディックモーション試写。

AZ-GTi赤道儀モード(めたりっ子ちゃんウォーム研磨バージョン)

ガイド撮影に続いて、PHD2を外して、ノータッチガイドに移行。露出180秒×10枚(コマ間インターバル3秒)

セレストロンC5(公称焦点距離1250mm)直焦点、ニコンD7100(APSCサイズ)

複雑な動き。極軸がどんどん大きくズレていく感じ。筐体や脚のよじれ、ミラーのシフト、軸受けやベアリング、いろいろな可能性があるだろう。原因不明。30分間で3分角ほどずれた。

写真(上が北)から、ウォーム(約10分間で1回転)に同期した赤経方向振幅は、プラスマイナス20~30秒程度ではないか。

 

Noguide_30mins-fig

 

 

馬頭星雲にトライする

ピントがかなりずれていたが修正不足のまま撮影してしまった。

ノーマルのシュミカセは星像がコマ収差等で甘い。そのうえ、合焦レバーが敏感だし、重力でミラーは動くし、首が痛くて液晶固定の我がカメラ背面はのぞきにくいし、ピントがつかみ辛い。アクロバット姿勢。

風がランダムに吹きはじめ、揺れる。小生の機体は、改造によりウォームギアにかなりのガタがあるからか、特に風に弱い感じがある。

空も透明度が悪くなってきたので、これで終了。

Batou29_3s

20191204 00:45~03:00 ころ 

AZ-GTi赤道儀モード(めたりっ子ちゃんウォーム研磨バージョン)

セレストロンC5直焦点(焦点距離1250mmF10)、D7100無改造

180秒×27枚(露出81分)、iso6400、 フラット、ダークなし。  PHD2オートガイド

YIMG, nikon CAPTURE NX-D,CAPTURE-NX2等で処理。周辺減光が激しいので、CAPTURE-NX2で補正。

 

 

AZ-GTi赤道儀モードのガイド性能

(改造機での個人的印象)

あくまでも、小生が改造した個体での、オリオン座付近のゆるーい試写を中心とした印象であり、良い子の無改造個体の印象ではありません。

 

1.PHD2を使用する場合

  • セレストロンC5(焦点距離1250mm)直焦点でも、180秒露出くらいまでは実用的。ガイドグラフを見ながらならば、300秒までいける場合があった。
  • 重くない望遠レンズならば、十分に実用的。

 

2.ノータッチガイドの場合

  • 自分のこれまでの経験では、180mm望遠レンズとD7100の組み合わせでは、露出30秒以下で、ある程度使用できた。
  • 広角レンズであっても、デジカメの長時間露出には無理があるだろう。分単位の角度の揺らぎがある。
  • CMOSカメラとSharpCapの組み合わせならば、自動的に画像のずれを補正してスタックしてくれるので、大丈夫ではないかと予想。(ただし、小生はまだ試みていません。)

 

3.風には弱い。

 

(了)

 

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »