無料ブログはココログ

Links

« AZ-GTi赤道儀モード用三脚金具(高剛性版) | トップページ | 妄想狂時代 もふもふ耐風望遠鏡カバー(その1) »

2019年9月26日 (木)

AZ-GTi初号機、2号機、3号機

2019年

あれは、小雪舞う1月のことだった。

怪しげな男が、猫背ながら上を向いて、新宿区西落合の路上を寒そうに歩いていた。

「晴れねえなあ」

やがて男は目が悪いのか、認知症気味なのか、ある白い建物の横をふらふらと通り過ぎたあと、また、戻って来た。

「見つけたぜ」

男はにんまりとして階段から店内に吸い込まれていった。

「すみません、広告のカーボン三脚見たいんですけど。」

「広いお店ですねえ」

若い男性とそれより年配の男性が丁寧に応対してくれた。知的なメガネのご婦人が清潔な店内に花を添える。

 

***

 

なぜか、男の自宅には、三脚ではなく、AZ-GTiのセットとセレストロンC5がが届く。意外と大きい。

前後して、アマゾン、TOMITAさん、スコープタウンさん、EYBELLさん、スタークラウドさん、KYOEIさん等からもいろいろ小物が届く。宅急便さん、ご苦労様です。

妻の怪訝な視線が気にはなる。

 

 

初号機雄姿

他にも数々の組み合わせ、プチ改造、PC制御等を試行錯誤したが、過程の写真がほとんど無い。無心でいじっていた。

Img_2916

この構成で撮影したのが、M13。写ったぜ、やっほう。

M13_8042_3_4_50_nxd_yimg_bmp_cnx2_trim_0

nikon d7100無改造、30秒×4コマ、自宅庭

AZ-GTi赤道儀モード。

 

初号機、お亡くなりになる

4月、徐々に、挙動がおかしくなった。オートガイドが異常に暴れる。クランプをゆるめての手動水平回転がとても渋い。

ガイドの有無にかかわらず、カッツンカッツン音がする。ひどいときは、カットゥーーンと震える。

ある日、ついに、赤経がまったく動かない。モーターがうんともすんとも言わない。

クランプをゆるめて腕力で回すことすらかなわない。ベアリングこわれたか?アルカスイス使ったけど、荷重に負けて雲台への接合部や軸が曲がったか?原因不明。

 

お店に持ち込み、相談した。預けて見ていただいたが、修理かなわず、こころよく交換していただけることになった。多謝。

機構が華奢な印象を受けたので、予備として、もう一台別途購入する。これで都合3台の経験となる。また、ついにカーボン三脚も購入。とても良い三脚です。

ありがとう、初号機。君のことは忘れない。来世では、もっと強く生きような。

 

ようこそ、2号機、3号機

2号機、3号機到着。ルンルン♫

3台それぞれ個体差がある。これは小生だけの現象か?

初号機は、水平回転の減速ギアや伝達ギアの動作を見ると、グラグラしていた。

2号機は、箱から出したところカラカラ音がして、筐体を開けたら小さなネジが転がり出た。どこのネジやら、わからないが、今もって問題は生じていない。駆動系の組み付け精度が最も高く、モーター回転音が最も静か(9月現在、ややうるさくなっている。)。水平回転クランプをゆるめての摺動はとてもきつめで、機嫌悪いとギュイーと摺動音がする。駆動系の調子が最もよいので、これを赤道儀用にする。

3号機は、駆動音は大きめだが、手動での水平回転がもっとも摩擦が少なく、手動での方向合わせの使用感が良い。ギアの組み付け精度は、並みである。これを経緯台用にする。

かわいいよ、君たち。

 

(了)

 

 

 

 

 

 

 

« AZ-GTi赤道儀モード用三脚金具(高剛性版) | トップページ | 妄想狂時代 もふもふ耐風望遠鏡カバー(その1) »

AZ-GTi」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AZ-GTi赤道儀モード用三脚金具(高剛性版) | トップページ | 妄想狂時代 もふもふ耐風望遠鏡カバー(その1) »